たるみ治療|サーマクールによるやけどとは?

頬やフェイスラインのたるみを解消できるとして、サーマクールという美容医療は人気となっています。

この美容医療はラジオ波という高周波の熱によって、肌内部のコラーゲンを収縮させるのが特徴です。

コラーゲンがキュッと引き締まる為、施術直後にたるみの改善を実感できます。
また、収縮を起こした部分を早く治そうとして、コラーゲンの生成量が自然とアップする事から、長くアンチエイジング効果が続くという点も、サーマクールのメリットです。

メスを使わず安全性の高いたるみ治療ですが、副作用のリスクはゼロではありません。

熱を肌内部に加えてアンチエイジング効果を引き出す事から、やけどのような症状が起こるケースがあると言われています。

皮膚の赤みや腫れなど軽い症状から、水疱ができるといった重い副作用まで様々です。

特にケロイド体質の方は施術を行う事によって、トラブルが起こりやすい為、施術を受けられないケースがほとんどです。

サーマクールには、このような副作用もある事を考慮して、施術を受けましょう。

たるみ治療|サーマクールによるやけどとは?

たるみ治療|サーマクールの原理

サーマクールの歴史は、2002年にアメリカで開発されたことから始まりました。そして、そこから世界各国へと広がっていったのです。

サーマクールとは、ラジオ波と言われる高周波を使用したたるみ治療のことです。
そのしくみは、ラジオ波で肌の内部に熱を届け、肌の表面は火傷しないように冷やすこという治療です。

つまり、メスを使わない治療です。

ラジオ波は電気なので、肌を傷つけることなく熱を浸透させることか可能なのです。
そもそも、肌ののたるみの原因は、筋肉や皮下組織の皮膚を支える機能が低下することです。

たるみ治療は、肌の内部のコラーゲン繊維にダメージを与えて収縮させ、それによって、肌を引き締めてリフトアップさせるというものです。

そして、ダメージを受けたコラーゲン繊維は、時間をかけて少しずつ修復され、再び新しいコラーゲンが作られていきます。

そのコラーゲンによって、肌はつやつやになり、肌の内部から美しくなっていくのです。

たるみ治療|サーマクールの原理

たるみ治療|サーマクールの治療実績

世界的にも、美容先進国として一目置かれているアメリカ、そのアメリカで約二十五年も前に開発されたサーマクールは、たるみ治療に用いるマシンとしては画期的で、アンチエイジング治療の歴史を塗り変えたとも言われています。

加齢とともに現われる肌のたるみは、肌表面に原因があるのではなく、肌の奥深くの組織のゆるみが原因で引き起こされています。

それまではこの層に作用するには、メスで切るしか手段はありませんでしたが、この方法だと出血や腫れ、痛みもひどく、ダウンタイムはかなり必要となっていました。

しかしサーマクールの登場によって、このような患者サイドの負担が一気に解消され、術後すぐにメイクをして帰れるなど驚くほど進化しました。

サーマクールは、高周波によって肌の奥深くに熱エネルギーを届けることが可能で、肌は自然治癒力でコラーゲンをどんどん生成させ続けることができるので、肌の奥深くから若いころのようなハリが蘇ってきます。

たるみ治療|サーマクールの治療実績