たるみ治療|サーマクールの原理

サーマクールの歴史は、2002年にアメリカで開発されたことから
始まりました。そして、そこから世界各国へと広がっていったのです。

見上げるサーマクールとは、ラジオ波と言われる
高周波を使用したたるみ治療のことです。
そのしくみは、ラジオ波で肌の内部に
熱を届け、肌の表面は火傷しないように
冷やすこという治療です。

つまり、メスを使わない治療です。

ラジオ波は電気なので、肌を傷つけることなく
熱を浸透させることか可能なのです。
そもそも、肌ののたるみの原因は、筋肉や皮下組織の
皮膚を支える機能が低下することです。

たるみ治療は、肌の内部のコラーゲン繊維にダメージを与えて
収縮させ、それによって、肌を引き締めて
リフトアップさせるというものです。

効果

そして、ダメージを受けたコラーゲン繊維は、時間をかけて
少しずつ修復され、再び新しいコラーゲンが作られていきます。

そのコラーゲンによって、肌はつやつやになり、肌の内部から
美しくなっていくのです。

たるみ治療|サーマクールの治療実績

自然に

世界的にも、美容先進国として一目置かれているアメリカ、
そのアメリカで約二十五年も前に開発されたサーマクールは
たるみ治療に用いるマシンとしては画期的で、
アンチエイジング治療の歴史を塗り変えたとも言われています。

加齢とともに現われる肌のたるみは、肌表面に原因が
あるのではなく、肌の奥深くの組織のゆるみが原因で
引き起こされています。

それまではこの層に作用するには、メスで切るしか
手段はありませんでしたが、この方法だと出血や腫れ、
痛みもひどく、ダウンタイムはかなり必要となっていました。

しかしサーマクールの登場によって、このような患者サイドの負担が
一気に解消され、術後すぐにメイクをして帰れるなど
驚くほど進化しました。出たところ

サーマクールは、高周波によって肌の奥深くに
熱エネルギーを届けることが可能で、肌は
自然治癒力でコラーゲンをどんどん生成させ
続けることができるので、肌の奥深くから
若いころのようなハリが蘇ってきます。