サーマクールで線維芽細胞を活性化・たるみ治療

サーマクールもダーマシャインもメスを入れずにたるみ治療できます。
その理由は線維芽細胞を活性化させるからです。

サーマクールは高周波によって肌表面を傷つけることなく
肌内部だけにダメージを、ダーマシャインでは
極細い針で肌内部に刺激を与えることで、それぞれ
繊維芽細胞を活性化するのです。

顔のたるみが加齢とともに気になってきた。知っていますか?

顔のたるみを解消したり予防したりするための方法はこちらです。
リフトアップ

メスを入れずにたるみ治療できるので、美容整形に抵抗が
ある方でも、それほど抵抗なくできるのです。

繊維芽細胞が活性化することで、徐々にハリが
アップするのもポイントです。
たるみ治療の現実、乗り遅れたくないので常に新しい顔のたるみ治療を取り入れよう

周囲ばれが心配な方でも自然にリフトアップできるので
安心なのです。

もちろん施術前には入念なカウンセリング
などが必要ですが、施術後はすぐに
日常生活に戻れるので、安心です。

ただ、自己治癒力を利用した方法なので、
肌内部の傷が完治したら元に戻ってしまいます。

もって1年といわれているので、効果を持続させたいなら
年に1度など定期的に施術を受けてメンテナンスをする
必要があります。

肌の弾力・水分保持の役割を間接的に果たす「線維芽細胞」とは

では線維芽細胞がどのようなメカニズムでたるみを解消して、ハリを生み出しているのかを知っておきましょう。

線維芽細胞は肌の第2層部分の真皮に数多くありますが、直接ハリを生み出すわけではありません。
線維芽細胞は真皮の大部分を占めるコラーゲンとエラスチン、ヒアルロン酸に分化する性質があります。

コラーゲンは真皮に網目状に広がって土台となり、エラスチンはその要所をサポートする役割を持っています。
そしてその隙間を埋める形でヒアルロン酸で満たされています。

柔らかい骨組みであるコラーゲンによる弾力と、水分を多く含みやすいヒアルロン酸の性質によって、肌のハリと弾力が生まれるメカニズムです。

つまり肌のたるみというのはこれらの組織の量が減って、重力に勝てなくなった時に起こります。
そのため線維芽細胞を活性化させて分化を促すことで、ハリを取り戻せるわけです。

あくまでも身体にあらかじめあった機能を使用する形なので、リスクが低いのも特徴です。
全体を万弁なく刺激することができれば偏ることもなく、自然な流れで改善していけます。

ただ刺激をするためには真皮の上にある表皮を通り抜ける必要があるため、特殊な機械や技術が欠かせません。
なのでサーマクールやダーマシャインを使用するわけです。

しかし線維芽細胞の分化には限界があるため、無暗に活性化すれば良いというわけではありません。
何事にも限度があり、適度にハリを取り戻せる程度に留めておく必要があります。